不倫慰謝料請求の証拠について

離婚原因は性格の不一致や、DVなど様々ですが、相手の不倫によって離婚するケースは非常に多いです。不倫による離婚は相手側から精神的ダメージを受けたとして慰謝料を請求することができます。ここでは不倫による離婚の慰謝料について考えてみましょう。

慰謝料を請求するためには証拠が必要

不倫による離婚をする場合、口頭で相手が浮気をしていた、不倫をしていたと訴えても法的に認められないことが多く慰謝料を請求できなかった、慰謝料がもらえなかったというケースは非常に多いです。不倫慰謝料請求をする場合にかならず、不倫をしていたという証拠を残す必要があるのです。

どのような証拠があればよいの?

不倫慰謝料請求の証拠としては不倫相手が配偶者のことを既婚者として認識していたという点と肉体関係があったという点を事実として証拠できるものが必要になります。相手側が事実の有無について争ってきた場合、これらの事実が証明できるものがなければ負けてしまうこともあります。

不倫相手が既婚者と知っていて不倫していた証拠とは?

まずは不倫相手が既婚者と知っていて不倫していた証拠が必要になります。例えばその夫婦の結婚式に不倫相手が出席していたり、勤務先の上司と部下のような相手の素性を知っている関係であったり、不倫相手とのメールのやりとりで奥さん(旦那さん)の話題になったメールなどが残っている場合には、不倫相手が既婚者と知っていて不倫していた証拠になるのです。

ただし中には勤務先が同じでも、相手が既婚者として知らなかったと白を切る人がいますが、一般的な言い訳として通用しません。しかし不倫相手が配偶者のことを既婚者として認識していた場合でも婚姻関係が破たんしている場合には慰謝料の請求は難しくなるので気を付けてください。相手の不倫によって離婚をすることになる場合、まずは不倫を知った時点でいくつかの証拠を残しておくことが重要になります。逆に言えば証拠をつかんでから離婚するのが望ましいかもしれません。

離婚弁護士に相談しよう

不倫による離婚は精神的な負担も多く、対応をどうすればよいかわからないことも多いです。離婚 弁護士 越谷のサイトを見ると、相談を受け付けていることがわかります。他の弁護士も同様に無料相談もおこなっている弁護士もいます。離婚の慰謝料の相場がいくらなのか、何を証拠として採用できるのか?弁護士に方針だけでも確認して何をしないといけないのか悩みを打ち明けてみることが重要です。弁護士に相談しながら、適切な対応ができるようにしておきましょう。