離婚協議書について

離婚は双方の同意があればすぐに成立しますが、話し合いによって離婚をする場合には離婚協議書を作成しなければいけません。今回は離婚協議書について紹介していきます。

【なぜ離婚協議書が必要なの?】

話し合いによる離婚の場合、離婚協議書が必要になります。なぜ必要かという理由ですが、もしも離婚する相手が慰謝料などの支払いを決めたものの相手が支払わずに約束を破ってしまった場合でも、離婚協議書があれば回収の手続きを簡単にすすめることができます。しかし離婚協議書を作成せずに、口約束だけで離婚を決めてしまうとどうでしょう?約束した内容があいまいになってしまいますし、口約束したことですので、覚えていない・・と言われるとそれまで。支払ってもらうことが難しくなってしまうことも非常に多いのです。双方が話し合って決めたことは離婚協議書を作成して証拠として残しておくことが賢明です。離婚協議書と聞くと誓約書と同じと考える方がいらっしゃいますが、約束を守らせる誓約書とは異なります。離婚する時の話し合いの内容を記載したものになるのです。

【離婚協議書の作成方法】

離婚協議書を作成する際、まずは双方で話し合いをして離婚する際の内容を決めていきます。次に離婚協議書を作成し、離婚協議書を公正証書にするのです。第1段階の離婚協議書に記載する内容を夫婦間で話合いをするわけですが、その際の内容としては慰謝料、離婚を合意した旨、財産分与、親権者の指定、養育費、面接交渉、年金分割、公正証書を作成するかどうかなどを記載します。離婚を合意した旨の記載に関しては離婚届の提出日、離婚届を誰が訳書に提出するかなどを記載します。慰謝料に関しては慰謝料を支払うのか、支払金額、支払期日、一回払いか複数払いかについて記載します。財産分与に関しては財産分与の対象となる財産、いつまでに支払うかなどを記載。親権者の指定に関しては養育方針を記載することもあります。