離婚協議書を公正証書にするメリット

離婚協議書は話し合いで離婚する場合に話し合いで決定した内容を記載するものです。離婚協議書は公正証書にすることもできます。では離婚協議書は公正証書にするべきかどうかについて考えてみましょう。

【公正証書とは?】

公正証書とは法律の専門家である公証人が交渉人法や民法などの法律に従って作成する公文書のことであり、非常に高い証明力をもちます。さらに債務者が金銭債務の支払いを怠った場合でも、裁判所の判決などを待つことなく、直ちに強制執行手続きにうつることができるのです。この強制執行手続きとは裁判所が強制的に金銭等を回収する手続きであり、養育費や慰謝料の未払いを防ぐことができます。

【公正証書にはどんなものがあるの?】

公正証書には離婚に伴う養育費、慰謝料の支払に関する公正証書、遺言公正証書、金銭の賃借に関する契約、土地・建物などの賃貸借に関する公正証書などがあります。

【離婚協議書を公正証書にするメリットとは?】

離婚協議書を公正証書にすることで証拠としての価値が高まります。役所が作った公文書という位置づけになりますので、公正証書で慰謝料や養育費の支払額、支払期日について書かれていればその内容が夫婦間で離婚前にきちんと約束していたものと判断されるのです。そのため支払側が養育費を滞納したり、約束した金額よりも安い養育費しか払わなかったりする場合には約束した金額の支払を回収することができるのです。
また公正証書にすることで給料や預金を差し押さえる効力も出てきます。執行力とは裁判所を通じて強制的に預金や給料を受け取れないようにさしおさえることです。公正証書でない場合には、裁判を起こして勝訴判決を得なければ差し押さえることはできません。さらに離婚協議書を公正証書にすることで内容に確実性が生まれます。夫婦間だけで離婚協議書を作成してしまうと内容に間違いがでることがあります。しかし公正証書にすることで確実性が高まります。